みんなの福祉村

面談も安心材料の一つである就労支援施設が名古屋に展開

利用できることは利用して依存していただける就労支援を名古屋にて営んでいます。せっかく好きなことや興味のあることを見つけてお仕事として励んだり、企画を考えたりしていても体調に対する不安や心配があっては意味がありません。社会福祉士や介護福祉士に定期的に面談をしていただくことができます。

もちろん体調だけではなく生活に対するお困りごとや漠然とした将来への不安など何でもお話ししていただけます。人にお話しすることや意見をもらうことで気持ちが落ち着くこともあります。

みんなの福祉村の特徴

居場所としての存在価値に取り組むため名古屋で活動する就労支援

ご利用者様の中には、ご自分が居ても良い場所・居るべき場所が見つからないお気持ちのご利用者様が多くいらっしゃいます。安心感や存在意義を感じられず、ふわふわと浮いてしまっている状態です。そんな状態のまま長い時間を過ごしていくと、食事も美味しくなく何に対しても興味が湧かないので気持ちもどんどん沈んでしまいます。

最初はなかなか施設を居場所として、落ち着いて過ごすことは難しいかもしれませんが、同じように不安を抱えて通われたたくさんの仲間の存在や無理がなく楽しく羽を伸ばせるような活動内容を通して、少しずつ笑顔を取り戻してくださるご利用者様のお顔はスタッフにとってとても嬉しい変化です。ご利用者様の潜在能力を発揮できる意見や提案・お仕事を通じて、居場所として認識していただけるように、いただいた声を真摯に受け止めて多様性を尊重する環境をご用意しています。

新しいアプローチによる就労支援施設を名古屋に営む

施設の雰囲気や環境、活動内容などB型事業所としての役割以上にご利用者様を楽しませたい思いから成り立っています。通常の考え方とはちょっと違い、ずっと引きこもっていてコミュニケーションを取るのが苦手な場合、よく知らない施設ですぐにお仕事をすることはできません。では、どうしたら障がいをお持ちの方に安心してご利用いただけるのかを考え、「楽しむこと」を体験していただくことになりました。

お一人では行かない場所へ行き、美味しい空気を吸うだけでも良い気分転換となります。また他のご利用者様の楽しそうな会話や発言を聞き、セミナーに参加して楽しいと心から思える趣味を見つけていただきたいです。今流行の芸人さんの話題で盛り上がったり、企画の参加者を集うポスターを描いてみたりと、お一人では感じることのできなかったことが、たくさんの仲間と分かち合うことができます。